今年も7月24日はゲリラ豪雨

0824_01
ゲリラ豪雨を遠方から撮影した例  天変地異のような絵である

Unknown-2
渋谷駅地下街の冠水(2015/7/24)

ゲリラ豪雨は、今日も何気ない晴れ間に突然やってきた。
ちょうど一年前の同日もゲリラ豪雨が降ったのだが、記憶にとどめている方は、どれぐらいおられるであろうか?

気象庁アメダス(世田谷)によれば、15時台は、49mm降っている。これは、まさに善福寺川の河川改修の目標である50mm/hに達する数字であった。

一年前の同日も凄まじいものであった。善福寺川は19時台に溢水している(→記事参照)。このときは、10分間に19mmという驚くべき値であった。

2014年7月24日の分あたりの降水量 世田谷
この日は、10分あたり19mmとなっており、
善福寺川は、一部箇所で溢水した。

19:00  19mm(10分あたり最大19mm)
19:10  10mm(10分あたり最大10mm)

川の水位の変化を見ると、垂直に近い角度ではねあがっている。
豪雨が少しでも長引けば、簡単に堤防を越え、溢れ出すであろう。

ゲリラ豪雨が30分以上続いた場合には、低地居住者は、要注意である。これだけ急激な水位の変化では、警報ではとても追いつかないであろう。そもそも、豪雨による雨の音や雷鳴で、警報ははっきり聞こえない。
スクリーンショット 2015-07-25 2.38.55
2015/7/24 の善福寺川宮下橋の水位グラフ

wlevel 水位グラフのみ
2014/7/24 の善福寺川宮下橋の水位グラフ

7_24_guelira
気象レーダーによる5分毎の降水強度分布観測