カテゴリー別アーカイブ: 工事方法

これまでの護岸と現在の改修中の護岸の比較  質が落ちていることが分かる

新旧護岸比較

左が、宮下橋付近の改修護岸、右が、これまでの護岸である。これまで使ってきた護岸は、手間のかかった趣きある石積みで造られている。(「間知石の乱積」)
従来護岸
上は、これまでの護岸の石積み。噛み合わせ密度が高く、斜めに積んであり、趣がある。(「間知石の谷積」)

改修護岸2 これは、今回改修した単調で無機質な石積み。明らかに景観の質が落ちていることが分かる。

参考:河川の景観形成に資する 石積み構造物の整備に関する資料(国土交通省 河川局 河川環境課)
http://www.mlit.go.jp/river/shishin_guideline/kankyo/stone-structure/s-1.pdf