カテゴリー別アーカイブ: 都との対話

当会への賛同者数が3000人に

都立和田堀公園の自然環境とカワセミを守る会の活動への署名は、その後増加し続け、ついに三千人に到達した。この数を見てもわかるように、住民や公園利用者は、今回の工事内容に強い関心を持っている。

一方、この10月で落札された善福寺川工事(104)の全貌が明らかになりつつあるが、いまだに住民や公園利用者に対して計画の公表がなされていない。

都建設局は、近いうちに工事内容の住民説明会を開くという。この説明会は、工事内容の決定事項の説明に終始するものだが、住民や公園利用者が意見を伝えることができる唯一の場となっている。実際、本会は、工事内容の不具合を指摘して、僅かな部分ではあるが、改善させることができた

都側としても、耳に届かない意見に対応することはできない。したがって、本会は、署名していただいた方々に工事説明会の開催について告知するとともに、都に対して、幅広く工事説明会を告知してもらうように直接、また都議を通して訴えていく予定である