カテゴリー別アーカイブ: 社会状況

30年後の東京と治水計画 

スクリーンショット 2015-06-18 11.00.11これは、東京の将来の人口推移グラフである。これと下の東京都の治水計画長期見通しグラフを比べて見てみると、非常に不安になる。

スクリーンショット 2015-06-18 9.04.52

まず、気がつくのは、2020年に人口はピークを迎え、労働人口も減るために、今までのように工事予算が確保できなくなる。しかも2030年にもなると高齢化率30%となり、どう考えても工事はだんだん縮小されていくだろう。2050年、高齢化率40%に至っては、国費を東京一極に集中でもしないかぎり、河川整備を継続させる財政をどうやって確保するのだろうか。

さらに、困ったことになるのは、鉄は水中で少しずつ腐食していくため、40年もすれば鋼管を取り替えなければならなくなる。河川整備計画は、そうしたことに一切触れていない。都民として、どのように考えていけばいいのだろうか。

人口推移東京人口の減少とともに労働力(生産人口)も減っていく。重税を課して整備工事を続けていくのだろうか。

img_0
国交省
空家率
低地を捨て、高台の空家に住むのが現実的になるかもしれない。

東京都 総務局
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/05gyousei/jichiken/pdf/1303.pdf

 東京の人口推移は、公益財団法人特別区協議会作成のもの