建設局発「公園マネジメントプラン」 この立派な理念は、どこへ消えてしまったのか

建設局が掲げる緑を守る理念

ここに興味深いドキュメントがある。
建設局は、都立公園の目指すべき方向性を3つの 「基本理念」をあげており、本会の立場とまったく同様の理念が書かれているのだ。具体的なプログラムも掲げている。いったい、治水対策工事を行うにあたって、この理念をなぜ反古とするのか? これを考えてみた。

東京が切り開く新時代の公園経営を目指して(東京都建設局 平成16年8月)より
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kouen/parkmanagement/images/honbun.pdf

「基本理念」
●生命を育む環境を次世代に継承する公園
●都市の魅力を高める公園
●豊かな生活の核となる公園

《実施プログラム》
(1)水と緑の骨格軸の拠点の形成 都立公園による緑の拠点の形成

東伏見公園や和田堀公園などを中心に、幹 線道路や河川との緑のつながりに配慮 した重点的な公園整備を進め、都民がやすらぎを実感できる緑の拠点を創出します。

緑の骨格

 東京都公園協会に問い合わせてみる

東京都の外郭団体である公益税団法人 東京都公園協会に、この公園マネージメントプランついて伺ってみたところ、次のことが分かった。

東京都公園協会は、東京都の指定事業者として、都立公園を一括管理している団体である。(上野公園と井の頭公園を除く)
公園緑地部東部公園緑地事務所の直下で「公園マネージメントプラン」に基づいて事業計画をつくり、東京都に承認してもらい、事業を行っている。

つまり、「公園マネージメントプラン」は、東京都建設局公園緑地部によって作成され、指定事業者の事業計画のためのフレームワークとなっているだけなのだ。したがって、公園緑地部が、それを理念として掲げたとしても、東京都建設局河川部は、ノータッチなのである。

■東京都公園協会
http://www.tokyo-park.or.jp
TEL 03-3232-3011(代) FAX 03-3232-3049

■東部公園緑地事務所:〒110-0007 東京都台東区上野公園7-47

分掌事務 お問い合わせ先
庶務課 庶務、広報、予算、契約、検査、用地等 03-3821-6141
管理課 維持管理、占用許可、不適正利用の適正化等 03-3821-6145
事業推進課 事業認可に係る調査、用地の測量等 03-3821-7431
工事課 工事の計画・調査・設計等 03-3821-7001